■Dog@school Happy☆わん☆Day ★教室名の由来★ 飼い主様と愛犬との貴重な一日を楽しく過ごして欲しいと名づけました。 また、躾けの「原点」でもあり「理念」になっています。 人とイヌという枠を超え、 人生のパートナーとして互いに認め合うような関係づくりを目指しています。 自分らしさを大切にしながら、 人生の『友』として愛犬との生活を楽しむことをご提案します。   リンクフリー HP: http://happy-wan-day.jimdo.com/  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
犬の思考力はどうかちょっと資料で勉強してみました。

=感情=
人間のように複雑な思考はないもようです。
でも、人間と同様に「感情」がある。

=善悪の判断=
「記憶」・「認知」のしくみはある模様。
犬自信が善悪を脳で思考判断はでいきない。

と言うことは?感情・記憶・認知か~~!うん~!
やっぱり昔と違い「陰性強化訓練」には限界があるということか!?
犬種に違いがあるものショックを与え正しいポジションに直す、
そして最後に褒めるがイメージが悪いのか!?

いいイメージは、やはり「陽性強化訓練」か!?
これなら悪いイメージが無く、飼い主さんと楽しくトレーニングが出来る。
犬の怒られず「楽しいイメージ」で終わることが出来る。
これが「記憶」としてインプットされ「認知」するということか?

確かに、効率がいいが間違えてしまうこともあると思う!!
「陽性強化訓練」は「褒める」・「優しさ」が基本になるが、
「優しさ」と「甘やかし」は誤解されやすい欠点がある。
しつけや訓練など何もしない。
例えば、面倒・上手くいかない・地味・疲れるなどで
結局、犬の中心の生活になってしまうのだ。

いわゆる「問題行動・犬」と言われる・・・。
そして、飼育放棄をするのは人間の責任。
これは、改善は人間改造が必要ということだ。

よくトレーナーがいいます。
「犬は出来てますから・・・・・。」
確かに・・・・。
服従練習は人間の誘導(コマンドのメリハリ)が無ければ愛犬に伝わらない!
これは、ルーティン(約束の言葉)が成立してない為た。
飼い主は、「出来ない」と愛犬に決めつけてるのだ。
確かに、結果まで時間がかかるでも「出来た時」の感動は「一生の宝」だ。

我が家は、大人と同様に娘にも服従練習をさせています。
最初は、出来ないとだだを言ってましたがね(笑
今は、楽しくやっています。
大人だけではなく子供でも出来て将来に自信が付くようにね(笑
ちょっと変わった小学一年生です(爆

DSC_0921.jpg

子供に難しいと思いますが子供の方が素直ですぐに出来ました。
余計なことは考えないので早いものだ。

DSC_0924.jpg

慣れてきてだんだん手が下がってきてもCROSSが反応してくれてます。うん!うん!

DSC_0925.jpg

ターンも問題なし※子供なので少し甘いですが(爆

DSC_0927.jpg

CROSSと娘との距離が離れてるのわかりますか?
練習不足ですね(^^ゞ
RIKIとだと家で練習してますがピッタリとくっついているのに(+o+)

DSC_0934.jpg

歩行中のdownもいいでしょう(笑
リトル頼むから・・・・。左足から歩行スタートして頂けますか・・・・(T_T)
呼び込みも出来たしたいしたものです。←親バカ
服従訓練で「絆=信頼関係」が分かるから怖い・・・・・。


やります。やれます。やってみせます。

子供は、落ち着きが有りませんがこうやって一緒に犬と緊張感のなかで
集中し成長して学んで行くのいいかもしれませんね。
これが、物事のも積極的になり指導力になるのかな?




クリックしてくださいね!
後ほど訪問させて頂きます!

おきてがみ

BORDER COLLIE「愛犬親バカ日記」
☆ボーダーコリー★クロスのはな+RIKI☆



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。