■Dog@school Happy☆わん☆Day ★教室名の由来★ 飼い主様と愛犬との貴重な一日を楽しく過ごして欲しいと名づけました。 また、躾けの「原点」でもあり「理念」になっています。 人とイヌという枠を超え、 人生のパートナーとして互いに認め合うような関係づくりを目指しています。 自分らしさを大切にしながら、 人生の『友』として愛犬との生活を楽しむことをご提案します。   リンクフリー HP: http://happy-wan-day.jimdo.com/  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BCF的 「小さな命のリレー」


今週前半に某県の某保健所からBCF担当者の元に連絡が入った。

先週、某ホームセンター駐車場にバリケン2つそれぞれにボーダーコリー
のオスとメスが入れられた状態で放棄(置き去り?)
保健所へホームセンターから連絡が入り職員が収容した。
収容して土日の休み明けの月曜日に職員が出勤してみると・・・
なんとメスのボーダーが6匹の赤ちゃんボーダーを出産していた(汗)
しかしこの犬舎は暖房設備も無く冷たいコンクリートの床。
4匹は死んでいました。保健所内の獣医によると死因は寒さによるもの・・・
同時に連絡が入ったBCRNと協議の結果オスはBCRN(12月28日
引き出し予定)メスと2匹の赤ちゃんは我々BCFが保護する事になった。

BCFで受け入れ体制を整えて翌日の午後に引き出しに向かうも
1匹は午前中に死んでしまった後でした・・・
怒りと悲しみのレスキューとなりました。(何時もですけど)

そしてホストファミリーの元で静かに子育てをして貰おうと思ったら
今度は母親が育児放棄・・・ストレス?目まぐるしく変わった環境の
変化?原因は解らないけれどこのままではこの子も死んでしまう
母親から離す事にしました。
人工飼育・・・と思った時に救いの天使が舞い降りた!
「母乳に勝るモノは無い!」
そして本日借母になってくれる紅ちゃんの元へ少々遠いですが
BCFメンバーによるリレーによる移送を敢行!
そして今は元気に紅ちゃんのお乳を貰ってます。



623cb6f9.jpg

3febe2db.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。